全4195文字
PR

 NTTドコモは2020年12月3日に、新しい料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。携帯電話料金の値下げを推進する政府の強い要求に応えたもので、20GBプランを月額2980円(税別、以下同)で提供する。12月18日には現行の大容量プラン「5Gギガホ」から1000円値下げした新プラン「5Gギガホ プレミア」と、「ギガホ」から600円値下げした新プラン「ギガホ プレミア」を発表した。

 ドコモの新プランには、どのような特徴があるのか? 現在、どのプランを契約している人が乗り換えるとお得なのか? 新規契約やプラン変更の前に知っておくべきことを解説する。

NTTドコモが2020年12月3日に開催した「今後の料金戦略に関する発表会」の様子
NTTドコモが2020年12月3日に開催した「今後の料金戦略に関する発表会」の様子
(出所:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]

ahamoは既存プラン向けの割引は適用されない

 2021年3月に提供が始まるahamoは、オンライン専用の料金プランである。ドコモショップなどの実店舗ではなく、オンラインで申し込む必要があり、契約後のサポートにはチャットを利用する。既に先行エントリーを開始している。

月額料金2980円
月間データ容量20GB
超過後の通信速度最大1Mbps
データ追加500円/1GB
通話料1回5分以内の通話は無料
超過分は20円/30秒
+1000円で24時間かけ放題
ahamoの概要

 ahamoの月間データ容量は20GBとなっている。超過した場合は下り最大1Mbps程度に減速される。1GBあたり500円でデータ容量を追加することも可能だ。

 既存のプランは3G、4G、5Gを利用するが、ahamoは4Gと5Gのみだ。また、ドコモメールは提供されない。

 音声通話は1回5分以内はかけ放題。24時間かけ放題になる「かけ放題オプション」(月額1000円)を追加することもできる。なお、かけ放題オプションは遡って適用することはできない。

 海外の82の国・地域において、追加料金なしでデータ通信を利用できるのも特徴である。国内でのデータ通信と同様に、20GBの月間データ容量から消費される仕組みだ。なお、15日を超える期間海外で使う場合は通信速度が制限される。

 ahamoは既存プラン向けの割引は適用されないが、「ファミリー割引」のグループに参加している回線としてカウントできる。

ファミリー割引申し込み可能(割引特典は対象外)
みんなドコモ割対象外(カウント対象)
ドコモ光セット割対象外(ペア設定は可能)
ahamoの割引サービスの提供条件

 例えば、ドコモの既存プランに加入した4人家族による「ファミリー割引」のグループができていて、「みんなドコモ割」が適用されているとしよう。このうち1人がahamoにプラン変更したとしても、ファミリー割引のグループを構成する回線数は4回線のままだ。他の3人の割引額が減額されることはない。ただしahamoにプラン変更した回線は、みんなドコモ割は適用されなくなる。

 また、ahamoにプラン変更した回線から同じファミリー割引グループの既存プランに加入している家族への通話発信は有料となる。一方、他プランの家族からahamo回線宛ての発信はこれまで通り無料だ。