全6310文字
PR

 2021年1月29日に楽天モバイルが新しい料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表した。現行の「Rakuten UN-LIMIT V」をアップデートさせたもので、月間のデータ使用量が20GBの場合は支払額が安くなる段階式のプランに変わった。大幅な値下げを敢行した大手3社への対抗策と言っていいだろう。

楽天モバイルが2021年1月29日に開催した「新料金プラン発表に関する記者説明会」の様子
楽天モバイルが2021年1月29日に開催した「新料金プラン発表に関する記者説明会」の様子
(撮影:村元 正剛)
[画像のクリックで拡大表示]

 1月27日にはオプテージが、MVNO(仮想移動体通信事業者)サービスである「mineo」の新料金プランを発表し、2月1日に提供を開始した。これまでの料金プランから最大60%安くなっている。大手の新プランの影響を受けて、値下げを余儀なくされた形だ。mineoでは2020年12月から5G通信のオプションも提供されており、他社が今後発表するであろう料金プランにも影響を与えそうだ。

mineoは2月1日に新料金プラン「マイピタ」の提供を始めた
mineoは2月1日に新料金プラン「マイピタ」の提供を始めた
(出所:オプテージ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでは、大手3社に楽天モバイルとオプテージを加えた5社の新料金プランを分析する。そして、1カ月に使うデータ容量や音声通話の有無などで分けた複数のケースでどのプランがお得かを整理していく。

 新料金プランの一部は、発表後に一部内容を変更する動きが見られる。2021年2月1日、ソフトバンクはワイモバイルの新プラン「シンプルS/M/L」の内容を改定して2月18日に提供を始めると発表した。シンプルM/Lの容量を増やしたほか、割引サービス「おうち割 光セット」「家族割引サービス」の割引額を1080円に増額している(ただし適用できるのはいずれかである)。同プランについては、ここでは改定後の内容で比較した。

 本記事に記載した金額は2月1日正午時点のものである。競争が激しい価格帯であり、今後も変更が発表される可能性があるので注意してほしい。

楽天モバイルの料金プランは、0~2980円の段階式にリニューアル

 まずは、楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の概要を押さえておこう。

月額料金~1GB0円(2~5回線目は980円)
1GB超~3GB980円
3GB超~20GB1980円
20GB超~2980円
パートナー回線の月間データ容量5GB(超過後は最大1Mbps)
通話定額「Rakuten Link」アプリでの国内通話は無料
楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の概要

 楽天モバイルのサービスは、自社回線(楽天回線)エリアでは無制限でデータ通信が使える。楽天回線が敷設されていないエリアでは、パートナー回線であるau回線につながる。パートナー回線は月に5GBまで利用でき、超過した場合の通信速度は最大1Mbpsに制限される。

 なお2021年1月現在、楽天回線の人口カバー率は73.5%。3月末には80%、夏ごろには96%に達する見通しだ。

 現在、楽天モバイルを利用している人の契約プランは「Rakuten UN-LIMIT V」である。これが4月1日、自動的に「Rakuten UN-LIMIT VI」へとアップデートされる。現行プランは月額2980円(税別、以下同じ)で楽天回線が使い放題だったが、新プランは1GBまで無料、以降は使用量によって金額が変わる段階式になる。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」は1GBまでなら0円だ
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」は1GBまでなら0円だ
(撮影:村元 正剛)
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天モバイルは300万人を対象に1年無料キャンペーンを提供しており、1月29日現在220万人超が対象になっているという。そのため現在、多くの人は無料で使っているはずだ。Rakuten UN-LIMIT VIが、実際に課金対象となる最初のプランと言って差し支えないだろう。

mineoの新料金プラン「マイピタ」は、20GBの音声SIMが1980円

 次に、2021年2月1日に提供が始まったmineoの新プラン「マイピタ」について見ていこう。

プラン(月間データ容量)シングルタイプ(データ通信のみ)デュアルタイプ(音声通話+データ通信)
月額料金1GB800円1180円
5GB1150円1380円
10GB1550円1780円
20GB1750円1980円
mineoの新料金プラン「マイピタ」の概要

 mineoではドコモ、au、ソフトバンクの3回線を使ってサービスが提供されている。従来のプランは使用する回線によって料金が異なったが、新プランでは同じ料金になった。例えば、現行の「デュアルタイプ(音声通話+データ通信)」を20GBで契約すると月額料金は4590~5030円だったが、新プランでは半値以下の1980円になっている。

 mineoの通話料は大手キャリアと同じく30秒あたり20円。ただし、専用アプリから発信する「mineoでんわ」は30秒あたり10円で通話できる。また、1回10分の通話がかけ放題になるオプションサービスも用意されている。なおオプテージに確認したところ、音声サービスのメニューや料金は今後変更される可能性があるようだ。

 月額200円のオプションで5G通信が用意されているのも特徴と言えるだろう。5Gに対応しているMVNOはまだ少ない。

mineoでんわ 10分かけ放題850円
通話定額30840円
通話定額601680円
パケット放題(最大500kbpsで使い放題)350円
5G通信オプション200円
パケットチャージ150円/100MB
マイピタの主なオプション