全4168文字
PR

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業などが開発中の次期基幹ロケット「H3」の開発が大詰めを迎えている。2021年3月17~18日、鹿児島県の種子島宇宙センターで「極低温点検」を実施。実際に打ち上げを行う射点で、その立ち姿を初めて現した。極低温点検とはどのような点検なのか。その結果は、21年度中に予定されている初号機打ち上げにどのような意味を持つのか。科学技術ジャーナリストの松浦晋也氏が解説する。

 極低温点検は、打ち上げ時とほぼ同様の状態に組み立てたロケットを射点に出し、射点設備と接続の上、推進剤である極低温の液体酸素・液体水素の極低温を実際に充てんして、打ち上げ直前までの作業をリハーサルする試験だ。射場設備および打ち上げ支援設備などの地上系設備と、ロケット本体との整合性を調べる役割を持つ。この試験で、H3が初めて立ち姿を現した。

 試験結果は良好で、地上系設備とロケットを組み合わせても、トラブルなく打ち上げ準備作業を実施できると確認された。今後、設計を変更している第1段エンジン「LE-9」の完成を待ち、射点上で実機に取り付けた第1段エンジンの噴射を行う試験「1段実機型タンクステージ燃焼試験(T-0)」を実施。21年度中に初号機の打ち上げを目指す。

鹿児島県の種子島宇宙センターで実施する「極低温点検」のために、初めて姿を現したH3ロケット
鹿児島県の種子島宇宙センターで実施する「極低温点検」のために、初めて姿を現したH3ロケット
(画像:JAXA)
[画像のクリックで拡大表示]