全5315文字
PR
[画像のクリックで拡大表示]

2021年度中の打ち上げを予定している日本の次期基幹ロケット「H3」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業などは、「究極の使い捨てロケット」を目指して開発・設計を進めた。なぜ「究極の使い捨て」を目標としたのか。その方針に課題はないのか。科学技術ジャーナリストの松浦晋也氏が解説する。

 JAXAと三菱重工業は次期基幹ロケットH3を、「H-IIAより安くH-IIBと同等の能力」「Arianespace(アリアンスペース)並みの環境を顧客に提供」という目標を設定して設計している。その目標に対する解として「使い捨てを極める」という開発方針を決め、これらの方針に合わせて設計と技術開発を進めてきた。

種子島宇宙センターの極低温試験で、姿を現したH3ロケット。(出所:JAXA)
種子島宇宙センターの極低温試験で、姿を現したH3ロケット。(出所:JAXA)
[画像のクリックで拡大表示]

 この開発方針はH3のアドバンテージとなる可能性があるものの、同時に弱点となる危険性をも示している。先述した2つの目標は共に、開発を開始した当時の外的状況を前提に決めているからだ。しかし、外的状況は急激に変化している。

 今、世界の商業打ち上げで急速にシェアを伸ばしてきている米SpaceX(スペースX)は、宇宙産業でのゲームチェンジを図っている。「ファルコン9」ロケットで、使い捨てだった衛星打ち上げロケットに第1段の回収再利用を持ち込んだ。スペースXだけではなく、米Blue Origin(ブルーオリジン)や米Rocket Lab(ロケットラボ)などのロケットベンチャーは、「いかにしてゲームの盤面そのものを変えて有利な立場をつくるか」という意識で、急速に投資と技術開発を進めている。

米スペースXのロケット「ファルコン9」は、逆噴射で第1段を回収し、再利用している。(出所:SpaceX)
米スペースXのロケット「ファルコン9」は、逆噴射で第1段を回収し、再利用している。(出所:SpaceX)
[画像のクリックで拡大表示]

 01年のH-IIA初打ち上げから10年代にスペースXが台頭してくるまで、打ち上げ機の市場は、欧州宇宙機関(ESA)のアリアンアリアン一強で比較的安定した状況が続いていた。しかし、これから40年にかけての20年間は異なる、社会情勢的にも技術的にも劇的な変化が連続する可能性がある。

 前回の 「H3ロケット開発・設計の陰に浮かび上がるライバル『アリアン』」で解説したように、H3ロケットは、アリアンスペースの次期ロケット「アリアン6」という仮想ライバルを想定し、同ロケットに「追いつけ、追い越せ」という目標を持って開発・設計を進めた。このようにな開発・設計態勢では、激変する今後20年の宇宙産業の中で立ち行かなくなるリスクがあると筆者は考える。本稿では、JAXAの「受動的な開発・設計態勢」のリスクについて解説する。