全2504文字
PR

 2010年の「瀬戸内国際芸術祭」を控え、瀬戸内海の島や沿岸都市で現代アートによる地域振興が活況を呈している。

 岡山市の宝伝港から定期船で約5分。瀬戸内海に浮かぶ周囲3.6km、面積54万m2の犬島でも4月27日、美術館が開館した。名は、犬島アートプロジェクト「精錬所」だ。

海上から「精錬所」の北東を眺める。崩壊した煙突や黒っぽいカラミレンガの壁が独特な景観を形成している(写真:阿野 太一)
海上から「精錬所」の北東を眺める。崩壊した煙突や黒っぽいカラミレンガの壁が独特な景観を形成している(写真:阿野 太一)
[画像のクリックで拡大表示]

 明治時代末期に建設され、10年で操業を終えた銅の精錬工場の遺構を舞台に、環境との共生を目指した施設と一体でアートワークを展示している。

「精錬所」の遠景(写真:阿野 太一)
「精錬所」の遠景(写真:阿野 太一)
[画像のクリックで拡大表示]

 約5万2000m2の敷地に建つ平屋の施設だ。延べ面積が約790m2の館内に、ホールA~Dの4つの展示空間を配置した。屋外には、館内で発生した下水を浄化する植栽のランドスケープが広がる。

チムニーホール(ホールD)。既存の煙突の吸気口と接続しているガラスボックス状のホール(写真:阿野 太一)
チムニーホール(ホールD)。既存の煙突の吸気口と接続しているガラスボックス状のホール(写真:阿野 太一)
[画像のクリックで拡大表示]