全2118文字
PR
外観全景。敷地に植えられていた木を避けて建物を配置した(写真:乾 芳江)
外観全景。敷地に植えられていた木を避けて建物を配置した(写真:乾 芳江)
[画像のクリックで拡大表示]

 スパアンドエコガーデン「月と花」は女性専用の温浴施設だ。2004年12月、徳島空港から車で1、2分という場所にオープンした。運営者は株式会社「月と花」。隣接地にある心療内科クリニックや知的障害児通院施設などを経営している中西昭憲院長の夫人が社長を務める。

 正面をガラス張りに仕上げた鉄骨造・2階建ての建物の1階カフェは、ここだけ“男性可”の領域だ。その先、カフェの奥に続くスパ施設は、客も従業員も女性のみのゾーンとなる。「カフェ以外は外部に閉じ、中庭へ開く構成とした。また建物の長辺方向に沿って動線を蛇行させ、ゆったりとランブリング(散歩)してもらえるように計画した」と、設計を手がけた梅林克・FOBA代表は話す。

 なぜ徳島市の郊外に女性専用スパなのか。「当初は男女共用の温浴施設を考えたが、男女ではニーズがかなり異なる。浴室や設備だけでなく、飲食メニューの種類などを別に用意する必要があり、事業規模が大きくなりすぎる。女性に特化した方が効率的と判断した」と中西院長は振り返る。