全4180文字
PR
政策研究大学院大学(写真:的野 弘路)
政策研究大学院大学(写真:的野 弘路)
[画像のクリックで拡大表示]

 政策研究大学院大学は1997年、政策研究の高度化と専門的指導者の養成のために創設された。学部を持たない大学院大学で、中央省庁や地方自治体、政府関係機関から、行政官など若手の実務者を幅広く受け入れる。学生数は現在230人。このうち半数以上を、アジアを中心とした諸外国からの留学生が占める。

 この政策研究大学院の新校舎が今年の4月、東京・六本木に開校した。敷地は東京大学物性研究所の跡地。北側に国立新美術館、西側に青山霊園を控える、都心にあって緑の豊富な一帯だ。

 設計者の山下設計・リチャード ロジャース設計JVは2000年にプロポーザルコンペで選ばれた。実施設計までは文部科学省の事業として進み、建設と維持管理業務をPFI(民間の資金や技術力を活用した社会資本整備)事業化した珍しい事例だ。設計者がPFI事業者の一員として入札に参加することは不公正になるため、PFI契約の中に、監理業務を原設計者に委託するという項目を盛り込んだ。