全3258文字

 災害対応におけるテクノロジー活用は、民間企業でも進んでいる。代表例が被災者を金銭面でサポートする損害保険会社。その業務は10年間で一変した。クラウドやAIの活用で「救いの手」をより早く届けられるようになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い