全2447文字

デジタルツインやシミュレーションが災害時の救援や避難を変え始めている。地震や台風など災害による被害の規模を、様々なデータに基づき予測。救援・救助計画を迅速に立案できる他、避難所の“密”回避も可能になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い