全6216文字

 アジャイル開発の経験が少なく、中央集権型の日本企業において、組織や文化を変革せずにこれまで通りに開発ベンダーを活用しながら、SoR(System of Record)領域の業務システムのアジャイル開発を成功させるにはどうすればいいのか。そのポイントを解説する特集の2回目である。

 今回は、アジャイル開発プロジェクトを立ち上げる準備段階で重要となる4つのポイントについて、事例を交えながら説明していく。

ポイント1:アジャイルでも「計画」の重要性は変わらない

 プロジェクト準備段階における最大のイベントは「計画」の立案である。それはアジャイル開発も変わらない。

 よくある誤解が「アジャイル開発は仕様変更を受け入れるのが前提だから計画は作成しないし、そもそもアジャイル開発で計画することに意味はない」というものだ。確かにアジャイル開発の基本思想は「変化に柔軟に対応すること」である。

 目的を達成するための最適案を都度検討し、実装検証する短いサイクルを走りながら繰り返していくという「方向転換のしやすさ」が特徴でもある。そのため、目的や目標が明確であれば、最初に手段や仕様を事細かにきっちり決めなくても、ある程度「おおまか」な状態でスタートを切れるのは事実だ。

図 アジャイル開発の進み方
図 アジャイル開発の進み方
「変化に柔軟に対応する」が理解を得られぬことも(出所:シグマクシス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただそれはアジャイル開発に慣れた企業での話だ。アジャイル開発の経験が少ない中央集権型組織においては一般に、プロジェクト計画段階でステークホルダーはプロジェクト側に綿密な完成予想図とそこに向けた計画を求めてくる。

 ここで「アジャイル開発ならではの進め方」に固執しても理解を得るのは簡単ではない。この「理解の壁」を越えられず、アジャイル開発の採用を見送った読者も多いのではないだろうか。

 ただしウオーターフォール開発が初期の完成イメージを忠実に実装しているかといえば、必ずしもそうではない。ウオーターフォール開発でも仕様変更は発生し、場合によってはスケジュールが延びたりコストが増したりしてプロジェクトの全体計画を見直さなければいけないケースもある。ステークホルダーもこれまでの苦い体験から、仕様変更に伴うリスクは十分に認識しているはずだ。

 こうした背景を踏まえると、中央集権型組織でアジャイル開発プロジェクトを立ち上げる際のカギとなるのも、やはり「計画」である。

 仕様変更を前提としたアジャイル開発においても、「プロジェクトの目的と最終目標」「スケジュール(ロードマップ)」「予算(概算)」の3点については、ウオーターフォール開発プロジェクトと同様に計画を立て、ステークホルダーの理解と合意を得ることが重要となる。全てを詳細化する必要はないものの、まずはウオーターフォール型と同様に計画を立てることで、立ち上げのハードルを下げる効果を見込める。

 実際、ユーザーの要求変更を積極的に受け入れながら進むアジャイル開発では、プロジェクトの初期段階で詳細なスケジュールを立てたとしても、その通りに進むケースはまれだ。仕様変更が柔軟であるがゆえ、開発ベンダーによってはスケジュール作成に難色を示すことさえある。