東京電力福島第1原子力発電所(1F、イチエフ)の1・2号機共用排気筒。あの日、放射性物質を含む水蒸気を排出、拡散し、日本の広い範囲に放射能汚染被害を引き起した原発事故の象徴的存在だったが、2020年5月に上半分約60m分が撤去された。重さ40トンにもなる遠隔操縦工事ロボットを開発し、高層ビルの30階に相当する120mの高さまでクレーンで吊るして、解体作業を行った。大手も参加したコンペを勝ち抜いてこの難工事を担ったのが、地元企業の地元企業エイブル(福島県大熊町)だ。

 1992年設立のエイブルは資本金2000万円、従業員数は約200人、売上高が約96億円(2019年7月実績)。だが、10年前は原子力発電所を支える、東京電力の優秀な下請け工事会社の1つに過ぎなかった。それがなぜ、自力で大型ロボットまで開発できる技術力を備え、大手をコンペで退ける元請け企業に変貌できたのか。そこには原発事故で大きく運命を変えた故郷への思いがある。福島第1原発の廃炉措置を長く取材するノンフィクション作家 山根一眞氏が、エイブルの挑戦をリポートする。

山根 一眞(やまね・かずま)
ノンフィクション作家
山根 一眞(やまね・かずま)  1972年獨協大学外国語学部卒業。情報の仕事術、先端科学技術、地球環境問題、生物多様性、災害・防災などの分野で取材・執筆活動を継続。ものづくりの主役を描いた『メタルカラーの時代』はシリーズ24冊を数え、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』は映画化(東映)された。理化学研究所名誉相談役、宇宙航空研究開発機構客員、福井県交流文化顧問、日本生態系協会理事、2018年福井国体&障スポ〔第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)・第18回全国障碍者スポーツ大会)式典プロデューサー。日本文藝家協会会員。福井県年縞博物館特別館長。近著は『スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち』(日経BPコンサルティング)。