全4310文字
PR

 日産自動車は2021年2月26日、発電専用ガソリンエンジンの最高熱効率が50%に達する見通しを発表した。世界最高水準で、ハイブリッド車(HEV)の燃費性能を大きく高められる(図1)。25年ごろまでの技術確立を目指すとみられ、その後量産する。30年代早期に主要市場に投入する新型車全てを電動化する方針の日産にとって、電気自動車(EV)と並ぶ切り札にする。

図1 日産のe-POWER用エンジン開発の試験装置
図1 日産のe-POWER用エンジン開発の試験装置
現時点の実験では46%達成に成功(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジンで発電機を動作し、その電力でモーターを駆動するシリーズ方式の独自HEV技術「e-POWER」で利用する。同方式はエンジンの熱効率と燃費性能が直結しやすい。日産は現行エンジンの最高熱効率である38%から3割超の大幅な向上を目指す。

 現在、熱効率の世界最高水準は41%前後である。トヨタ自動車やホンダ、マツダ、スバルといった日本の自動車メーカーが激しく競っている。熱効率では欧米メーカーに差をつけており、日本に優位性がある。日産がもくろみ通りに50%に到達すれば、日本勢の中で大きく抜け出しそうだ(図2)。

図2 e-POWER用次世代エンジンのイメージ
図2 e-POWER用次世代エンジンのイメージ
ロングストローク化し、新しい燃焼技術などを投入する(出所:日産)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、30年以降にエンジン車の販売を中止する動きが欧米中心に世界で広がる。エンジンの新規開発を事実上中止したとされる自動車メーカーも日本にあるようだ。

 エンジンに逆風が吹く中、日産がエンジン開発に力を注ぐのは、自動車のライフサイクル全体で評価するLCA(Life Cycle Assessment)を考慮すると、各国・地域の電源構成によってはEVとHEVの二酸化炭素(CO2)排出量が拮抗するとみるからだ。日産でパワートレーン開発を統括する平井俊弘氏(専務執行役員)は「再生可能エネルギーの導入量次第では、e-POWERでEVといい勝負ができる」と分析する。

 日産は、30%前後のエンジン熱効率から38%の現在水準にこぎ着けるのに約50年かけた。今後わずか5年で過去50年分を上回る10ポイント以上の向上を狙うことになる。世界でCO2排出量規制が格段に厳しくなる見通しで、開発を急ぐ。e-POWERのようなシリーズHEVの場合、エンジン運転領域を狭められるため熱効率を高めやすい特徴を生かす。

 さらに日産は今後、発電専用エンジンで培った技術を基に、通常のエンジンを開発する構想を明かす。これまでのような通常のエンジン車の技術をHEVに転用する流れとは逆で、HEVが主役の時代をにらんだ新しい発想といえる。