全2780文字
PR

 マイクロソフトのExcelやWord、PowerPointといったOfficeアプリには無料で使用できるWeb版が用意されている。Microsoftアカウントさえあれば気軽に使える。

 無料のOfficeアプリがあるなら、有料のデスクトップ版Officeアプリはなくてもいいのか。機能が制限されていたり、使い方が異なっていたりするかもしれない。

 無料で使えるWeb版Officeの実力を見ていこう。

Microsoftアカウントでサインインする

 Web版Officeを使用するにはMicrosoftアカウントが必要になる。持っていなくてもすぐに作成できる。Web版なので、インターネット環境も必要である。

 まずWeb版OfficeのWebページ(https://www.office.com/)にアクセスして、Microsoftアカウントでサインインする。もしMicrosoftアカウントを持っていないときはこの画面から作成できる。サインインすると、Web版Officeのホーム画面が表示される。

Web版Officeのホーム画面。画面左側には、ExcelやWordを起動するためのアイコンが表示されている
Web版Officeのホーム画面。画面左側には、ExcelやWordを起動するためのアイコンが表示されている
[画像のクリックで拡大表示]

 Web版Officeでは、ExcelやWord、PowerPoint、Outlook、OneDrive、OneNote、Skypeなどが利用できる。

 機能については、デスクトップ版と比較すると一部制限されている。マイクロソフトのWebページを参考にして、ExcelとWord、PowerPointで制限されている機能の一部をまとめた。なお、Web版は仕様が変更される可能性がある。

Web版Excelで制限されている機能の一部
機能名制限の内容
マクロの実行マクロを実行できない
ファイル形式csv形式など一部のファイル形式をサポートしていない
グラフ外部を参照したり一部のデータソースを使ったりしたグラフ
データ接続環境の構成方法により、外部データ接続が表示できない場合がある
関数一部の関数で、動作が異なる
デジタル署名デジタル署名を使用したブックは表示できない
XMLXMLの対応付け、XMLの埋め込み操作タグおよびXML拡張パックが使用さたブックを表示できない