現場で長年奮闘して培った豊富な実績や知見を持ち、鋭い観察眼をも備えた先人は、悩み多き現役の技術者にとって「賢人」とも言うべき頼もしい存在。そうした賢人による座談会を本コラム上で開催。あるテーマについて忌憚(きたん)のない意見を述べながら議論してもらい、課題を浮き彫りにして、解決に向けた指針を提示してもらう。