新型コロナウイルス感染拡大により、最も打撃を受けた産業の1つは飲食業だろう。飲食店は対面でのサービスが中心だからだ。コロナ禍で休業や時短営業を余儀なくされ、足を運ぶお客がほぼいなくなった。そのとき、どう対応したのだろうか。非対面のビジネスにはデジタル活用が欠かせない。新型コロナ禍という思わぬ事態に対してデジタル化を進めたスナックやラーメン店、観光地の食堂を取材した。デジタル化により事業を続け、光明を見いだした3人の経営者に聞いた。