全588文字
PR

 前回に引き続き、テカナリエ代表取締役CEO(最高経営責任者)の清水洋治さんと担当編集の2人で、「M1とアップルカー」をテーマにした音声解説の後編をお届けします(時間は13分ほど)。前編では、米Apple(アップル)の独自プロセッサー「Apple Silicon」の第1弾として登場した「M1」の特徴や、半導体業界におけるインパクトについてお届けしました。

 M1の特徴の1つが拡張性の高さです。M1は当初、パソコン「Mac」シリーズでの採用にとどまるかと思われました。ですが、2021年4月発表のタブレット端末「iPad Pro」にも採用されました。そもそも、M1のベースは、iPhoneやiPadに搭載されてきた「Aシリーズ」プロセッサーです。M1と最新のAシリーズは「まるで双子」(清水さん)のように似ているそうです。

Mac miniに搭載された「M1」内部
Mac miniに搭載された「M1」内部
チップを開封した状態。画像の一部を色付けしている。(出所:テカナリエ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ですから、Apple Siliconを様々な自社製品に展開していくことが予想されます。その候補が、同社が開発中と噂されている自動車、通称「Apple Car(アップルカー)」です。アップルカーにとって、M1やAシリーズのようなプロセッサーは様々なメリットがあります。加えて、アップルにとって、スマートフォンで培ったノウハウが、今後の自動車に生きるでしょう。今回の後編では、このあたりのお話を取り上げます。詳細はぜひ、番組をお聞きいただければと思います。