全3924文字

 シリコンバレーを舞台に、自動運転の開発競争が激しさを増している。それに伴い、各社の技術力も向上。その実態が、米カリフォルニア(加)州車両管理局(DMV)が21年2月に発表した公道試験の結果報告書で浮き彫りになった。自動運転機能で走り続けられる距離は、多くの企業で前回の結果を超えた。中には、事故なしで米国をおよそ10回横断できる距離に達する企業も出てきた。

 DMVの報告書は加州で自動運転の公道実験を実施する企業に義務付けた結果報告をまとめたもの。毎年2月ごろに発表され、その2年前の12月から前年の11月までの各社の試験結果が掲載される。21年2月発表の20年度の報告書では、19年12月から20年11月までの結果が対象となる。報告書の中で、各社の自動車技術を推定する指標の1つが、「離脱(Disengagement)」せずに自動運転機能だけで走行できた平均距離である。本記事では、「自動運転継続平均距離」とする。離脱とは、自動運転車の運転席にいるテストドライバーの判断で自動運転機能をオフにしたり、同機能が判断に迷ってテストドライバーに運転を引き継がせたりすることを指す。自動運転継続平均距離は、過去1年間で各試験車両が離脱した回数の合計を、自動運転による走行距離の合計(総走行距離)で割った値である。

 20年度に抜群の好成績を残したのが、米Waymo(ウェイモ)と米General Motors(ゼネラル・モーターズ、GM)子会社のCruise(クルーズ)である。両社は以前から首位争いをしてきた数年来のライバル。いずれも19年度に比べて自動運転継続平均距離を2倍以上に伸ばし、4万5000kmを超えた。このうち、Waymoがわずかに上回り、同距離は約4万8200kmだった。これは、米国大陸を横断して、ロサンゼルスとニューヨーク間をおよそ10回移動できる距離に相当する。

米カリフォルニア州パロアルトで停車中のWaymoの車両
米カリフォルニア州パロアルトで停車中のWaymoの車両
2020年撮影。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]