コロナ禍をきっかけとしてテレワークが急速に普及してから早1年が経過した。新型コロナウイルスの感染拡大は収束の見通しが立たず、今後もテレワークを主体とする業務態勢が続くと見られる。対面でのコミュニケーションが取れず、部下の状況をつぶさに把握するのが難しい中で、現場のマネジャーやリーダーはどのようにチームや部下をマネジメントすればよいのか。取材から見えてきた解決法を紹介する。