全1908文字
PR

 NTT東西は2022年1月20日、電話会社選択サービス「マイライン」「マイラインプラス」を24年1月に終了すると正式発表した。NTT東西は25年ごろに固定電話網(PSTN)の維持限界を迎えることを受けて、24年1月から固定電話網をIP網へ移行する計画だ。移行先のIP網にマイライン機能を実装すると膨大な費用がかかるため、NTT東西はマイラインの参加企業に廃止を求めていた。KDDIやソフトバンクなど参加企業との協議を踏まえ、24年1月にマイライン・マイラインプラスを終了する。現在、マイラインに登録している利用者は、一部の特定事業者を利用している法人顧客を除き、24年1月以降、NTT東西の通話サービスを利用する形になる。

NTT東西は24年1月にマイライン・マイラインプラスを終了することを正式公表した
[画像のクリックで拡大表示]
NTT東西は24年1月にマイライン・マイラインプラスを終了することを正式公表した
(出所:NTT東西)

 マイラインとは、NTT東西の固定電話を対象とした、電話会社選択サービスだ。利用者は4桁の事業者識別番号(00XY)をダイヤルしなくても、事前に登録した内容に基づき、市内/市外/県外/国際の4区分ごとに通話が自動的に、設定した中継電話事業者に振り分けられる。22年1月現在、マイラインで選択できる参加事業者は、NTT東日本・NTT西日本とNTTコミュニケーションズ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル、アルテリア・ネットワークスの7社である。

 NTT東西は2010年に、固定電話網をIP網へ移行する方針を「概括的展望」として初めて公表。その後も17年にIP網への移行スケジュールや、IP網へ移行した際の固定電話サービスが全国一律で3分9.35円(税込み)の通話料金になる点などを示していた。マイラインについては17年時点で提供終了する考えを示していたものの、競合事業者からは「マイライン終了に伴って顧客がNTT東西に流出してしまう」という懸念の声が出ており、事業者間の協議が継続していた。

 NTT東日本によると、その事業者間協議がまとまり、24年1月にマイラインを終了することが正式に決まった。今後、すべてのマイライン利用者に対して、現在の登録状況と24年1月以降の通話サービスを案内する。

 24年1月以降、KDDIとソフトバンクに登録する法人の利用者については両社の通話サービスに引き継ぐ。その他の事業者に登録する利用者は、基本的にNTT東西の通話サービスに引き継ぐ。なお00XYを利用した事業者の振り分けは、マイライン終了後も継続して利用できる。

 マイライン事業者協議会の調べによると、21年12月末時点のマイラインの登録数は約1200万件となる。マイライン4区分の多くのシェアをNTTグループが占めており、KDDIやソフトバンクのシェアは数%にとどまる。固定電話の利用は年々減少しており、当初は懸念を示していたKDDIなど競合事業者も、法人顧客を除けば影響は少ないと判断。マイライン終了に同意したという。