クレジットカード情報、医療データ、国家機密――。インターネットでやりとりする秘密情報が、将来的に危険にさらされる。今後、量子コンピューターの性能が向上することで、現行の暗号化通信が破られてしまう危険性があるからだ。量子技術を使った「量子暗号通信」は、量子コンピューターでさえも破ることができないとされ、世界中で開発が進む。本連載では、2021年4月に量子暗号通信事業を本格的に開始する東芝デジタルソリューションズの開発者が、技術の基礎から実際に至るまで解説する。