全3042文字
PR

 スマートフォンやデジタルカメラの記録媒体として、SDカードが使われることが多い。SDカードは形状の違いだけならまだしも、規格の種類が多くてややこしい。さらに上位機種のデジタル一眼レフカメラになると、SDカード以外に、より高速なXQDメモリーカードやCFexpressカードといった記録メディアも使う。こちらも複雑で、何がどう違うのか理解していない方も実は多いのではないだろうか。写真や動画を撮る機会などが増えるゴールデンウイークの前に記録メディアについての理解を深めておこう。

種類が多い記録メディア
種類が多い記録メディア
記録メディアの種類は多く、店頭で何を買ってよいか分かりにくい。間違った製品を買わないためにも、必要最低限の知識は持っておきたい(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在売られているSDカードには、SDカードとmicroSDカードの2種類の形状がある。SDカードは切手と同じほどのサイズで、デジタルカメラやHDDレコーダーなどの記録メディアとして使うケースが多い。microSDカードはSDカードより二、三回り小さい。スマートフォンやアクションカメラ、ゲーム機といった小型機器に採用されるケースが多い。

 SDカードとmicroSDカードはサイズが異なるものの、その中身の仕組みはほぼ一緒で、性能も大差ない。価格も同容量で同じグレードの製品であればほぼ一緒だ。規格としてはこれらの中間の大きさのminiSDカードもあるが、現在はほとんど使われていない。

 microSDカードは変換アダプターを用いることで、SDカードとして利用可能だ。変換アダプターは100円程度で購入できる。変換アダプターを付属して売られているmicroSDカードも多い。SDカードの場合、小は大を兼ねる。自分の持っている機器がSDカードかmicroSDカードのどちらに対応しているかよく分からない場合は、とりあえずmicroSDカードを買っておこう。

SDカード(左)とmicroSDカード(右)
SDカード(左)とmicroSDカード(右)
SDカードはデジタル一眼レフカメラやHDDレコーダーといった大型の機器で使う。microSDカードはスマホやアクションカメラなど小型の機器で使う。microSDカードは変換アダプターを用いてSDカードとしても使える(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]