全3643文字
PR

[第1試合]持ち運びやすさ対決

 筆者が使っている12.9型iPad Proは2018年モデルなので、2020年発売のM1 MacBook Airと比較すると、もともとの仕様や経年劣化などで不利な面があるのはご了承いただきたい。

 持ち運びやすさといえば、大きさと重さの勝負になるだろう。筆者が使っている12.9型iPad ProのWi-Fi+Cellularモデルは約633g。MacBook Airは約1.29kgなので、それだけで比較するとiPad Proに軍配が上がる。

 しかしiPad Proを外で使う際はたいていハードウエアキーボードも一緒に持ち歩くので、その分の重さが追加される。iPad用の「Magic Keyboard」は快適にタイピングできるが、それなりの重さは覚悟しなければならない。以前単体で重さを量ったときの記録では約700gだった。合わせると約1.33kgだ。筆者が愛用しているサードパーティー製のキーボードも690gなので、iPad Proと合わせると同じぐらいの重さになる。

 ディスプレーの大きさを比べるとMacBook Air、iPad Proがそれぞれ13インチ、12.9インチとほぼ同じ。ハードウエアキーボードと合わせると厚さも大差ない。というわけで、持ち運びやすさ対決は引き分けとなった。

 今日は絶対にキーボードを使わない、あるいはApple Pencilでの作業がメインだと確信できる場合は、迷うことなくiPad Proを持って出るのだが、ある程度の分量のテキストを入力することが想定されると、どちらを持ち出すかは使うアプリなどで判断することになる。

筆者はサードパーティー製のトラックパッド付きハードウエアキーボードをiPad Proと合わせて使っている。合計で1.3kgを超えてMacBook Airよりも重くなる
筆者はサードパーティー製のトラックパッド付きハードウエアキーボードをiPad Proと合わせて使っている。合計で1.3kgを超えてMacBook Airよりも重くなる
[画像のクリックで拡大表示]