全3754文字
PR

これまで水平方向だけだったミリ波レーダーの解像度が垂直方向も含め急速に高まり始め、LiDARを差し置いてセンサーの主役になる可能性が出てきた。機能をソフトウエアで変更する仕様の実装も進む。京セラ、日本電産、パナソニックなどが技術開発を牽引している。

 ミリ波レーダーも以前は極めて高価な技術だった。通信ICを76G~79GHz帯という高周波でもCMOS技術で製造できるようになったことで、劇的にコストダウンが進んだのである。

 ただし、機能面では、カメラやLiDARに対してやや劣勢にある。これまでの大きな強みだった速度検知ができる点は、FMCW方式のLiDARが普及するとメリットが薄れてしまう。LiDARの価格が下がってくるのも時間の問題で、そうなるとミリ波レーダーの存在価値が一気に薄れかねない。

 そうした中、ミリ波レーダーの起死回生策ともいえる動きが出てきた。大幅な高解像度化である(図21)。イメージングレーダーという呼び方さえ出てきた。

図21 ミリ波レーダーの分解能向上競争始まる
図21 ミリ波レーダーの分解能向上競争始まる
解像度の低さが弱点だったミリ波レーダーの高解像度化が進み始めた。一番ネックだった垂直方向の解像度がこれまでのゼロから、1~2°と急激に向上してきた。 (図:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミリ波レーダーはこれまで、水平方向こそ前の車両と隣のレーンの車両を区別できる4°前後の角度分解能を備えていたが、垂直方向にはほとんど解像度がなかった。そのまま垂直方向に視野角を広げると、信号機や交通標識を前方の障害物として検知し、クルマが走れなくなってしまう。そのため、垂直方向の視野角はむしろ狭める方向で開発されていた。

 これが大きく変わりそうだ。最近になって水平、垂直の両方向で1~2°の角度分解能を備える製品が幾つか出てきたからだ。

 高解像度化と同時に垂直方向の視野角も大きく広がった。車両と信号機を識別できるようになると、垂直方向の視野角を狭める必要がなくなる。結果、垂直方向の視野角はこれまでの5~6°から一気に20~30°へと大きく広がった。

 ミリ波レーダーが高解像度化すれば、大きな弱点がなくなり、逆にLiDARなどに対して低コストという強みが大きなアドバンテージとなる。