全2571文字

 自動車の生産から廃棄までライフサイクル全体で二酸化炭素(CO2)排出量を評価するLCA(Life Cycle Assessment)。加工時の排出量が多く、逆風となるのが近年採用が増えていたホットスタンプ(熱間プレス)である。トヨタ自動車系プレスメーカーのフタバ産業や世界最大手のスペインGestamp Automocion(ゲスタンプ・オートモシオン)は、設計や成形工程に工夫を凝らし、冷間プレスに劣らぬCO2排出量を目指す。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い