全2561文字
PR

 米Apple(アップル)が米国時間の2021年4月20日に実施した新機種発表会では、様々な新製品が発表された。中でも注目されるのはiPad ProシリーズにMacと同じプロセッサー「M1」が搭載されたこと。機能と性能のあらゆる面でiPad ProがMacに近づいたことで、iPad ProがMacのラインアップに移行する可能性が高まったのではないかと筆者はみる。

iPad Airは「iPad ProにM1搭載」の布石だった

 アップルは2021年4月20日に新製品発表会を実施。性能が強化された「Apple TV 4K」や独自の忘れ物防止タグ「AirTag」など様々な新製品が発表されたが、中でも多くの時間を割いて説明されたのは新しい「iMac」である。

 新しいiMacは、初めてArmベースのM1を搭載したことで、性能を向上させながらもより薄くコンパクトなデザインを実現したのが特徴。最大で7色と、初代iMacをほうふつさせる豊富なカラーも大きなアピールポイントとなっているようだ。

 だが今回の発表で最も大きな変化を印象付けたのは、同様に多くの時間を割いて説明されたもう1つの製品「iPad Pro」である。その理由はシンプルで、iPad ProにもそのM1が採用されたからだ。

新しい「iPad Pro」シリーズは5Gへの対応や、12.9インチモデルへのミニLEDバックライトの採用だけでなく、Macと同じ「M1」を搭載したことが驚きをもたらした
新しい「iPad Pro」シリーズは5Gへの対応や、12.9インチモデルへのミニLEDバックライトの採用だけでなく、Macと同じ「M1」を搭載したことが驚きをもたらした
(出所:アップル、以下同様)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来のiPad Proシリーズは、同じArmベースながらiPhoneなどと同じ「A」シリーズのプロセッサーを搭載してきた。それゆえ従来通りであれば、最新の「iPhone 12」シリーズと同じ「A14 Bionic」か、その強化版を搭載するのがセオリーなのだが、一転してMacと同じM1を搭載してきたことには驚かされた。

 ただこれまでのアップルの製品動向を振り返ると、その布石は2020年10月に発売された第4世代iPad Airだったといえる。第4世代iPad Airは11インチiPad Proと同様のボディーデザインを採用し、大幅なリニューアルが図られただだけでなく、プロセッサーにはiPhone 12シリーズに先駆けてA14 Bionicを搭載した。それでいて6万円台から購入できるとあって、非常にコストパフォーマンスが高いと評判になったのだ。

2020年10月に発売された第4世代「iPad Air」は、当時のiPad Proシリーズより上位のプロセッサー「A14 Bionic」を搭載したことで驚きをもたらした
2020年10月に発売された第4世代「iPad Air」は、当時のiPad Proシリーズより上位のプロセッサー「A14 Bionic」を搭載したことで驚きをもたらした
[画像のクリックで拡大表示]

 だがそれによって第4世代iPad Airが、より上位モデルとなるiPad Proより高い性能を持ってしまったことになり、ラインアップの整合性に疑問符が付く事態となっていた。それ故、新しいiPad ProシリーズにM1が搭載されたことで、一連のアップルの施策に納得がいく結果となった。