「国立競技場」や「高輪ゲートウェイ駅」、「角川武蔵野ミュージアム」など最近の話題作を次々と手掛ける隈研吾氏。1991年に建築界で物議を醸した「M2」から約30年、いかにして国民的建築家へと変貌を遂げたのか。連載では隈氏本人が語る「隈建築の進化」の他、転機となった代表的なプロジェクトについてイラストを交えて解説する。