(出所:123RF)
(出所:123RF)

テレビ広告を抜いて成長を続けるネット広告が岐路に立たされている。成長のひずみとしてプライバシー侵害の懸念や広告詐欺、利用者データの乱用といった問題が生じ、その解決に向けて米Google(グーグル)が新たな広告技術を世界的に試験を始めた。国内に目を向ければ、法規制に向けて動く政府と自主規制を訴える業界団体のせめぎ合いが続く。Webで事業を営む企業の全事業モデルすら左右するネット広告。果たして「浄化」は進むのか。