日本政府は2000年からIT調達予算の改革と電子政府政策を両輪で進めてきた。だがIT調達改革はたびたび頓挫し、「全行政手続きのオンライン化」という目標も未達のままだ。大切なのは失敗から学ぶこと。教訓に満ちた20年を詳細に検証する。