全2195文字
新規事業開発アプローチの6パターン
新規事業開発アプローチの6パターン
(出典:筆者作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず縦軸の「目的/意義」とは、「自社ではなぜ新規事業に取り組もうとしているのか」という問いからのアプローチとなります。

   「目的/意義」の視点は大きく2つに分類できます。

 上段の「事業成果を中心に追求」する場合は、例えば「次の収益の柱となる事業を開発したい」「既存事業とのシナジー効果を創出したい」などが該当します。そのためには①ボトムアップ型新規事業開発、②トップダウン型新規事業開発/カーブアウト、④M&A(合併・買収)/マジョリティー投資など、⑤マイノリティー投資/CVCやJV/提携など――の4つのアプローチ方法があるということになります。また、これらはすべて個別の事業の成果に主眼を置く「プロジェクト型新規事業開発」といえます。

 一方、下段の「事業成果に加えて、組織風土や人材の強化も追求」する場合は、「新規事業に適した人材を育てたい」「 新しい企業風土や文化を醸成したい」などが該当し、③新規事業創出プログラム/社内ベンチャー制度/社内ビジネスコンテストなど、⑥アクセラレーションプログラムやピッチイベント/ハッカソン・アイデアソンなど――という2つのアプローチが存在します。

 これらはすべて一定の型があるプログラムという形式を取り、特定の期間内に一律で事業開発プロセスを推進する仕組みを作る「プログラム型新規事業開発」になります。もちろん、自社にない組織能力や人材の獲得を目的とする「アクハイヤー」としてのM&Aなど一部例外も存在しますが、基本的には上記の分類で整理ができます。

 次に、横軸の「目線/定義」で新規事業開発を考える場合、「自社が取り組む新規事業のテーマや領域がどのようなものか」が問いになります。「目線/定義」のアプローチも大きく2項目に分かれます。

 1つは「自社(内部)の経営資源の転用・拡張で優位性を構築するクローズドイノベーション」で、もう1つは「外部の経営資源との結合で優位性を構築するオープンイノベーション」があります。

 さらにその中でも、「現在の顧客起点で発想し、顕在化した市場・顧客の需要に対して短期的に対応する」のか、「 未来の社会起点で発想し、潜在的な市場/顧客の需要に対して中長期で対応する」のかによって分類されています。前者は「フォアキャスト」、後者は「バックキャスト」と言い換えてもよいかもしれません。

(この記事は、書籍『イノベーションの再現性を高める 新規事業開発マネジメント ――不確実性をコントロールする戦略・組織・実行』の一部を再構成したものです)