全1022文字
PR

 技術士試験が2019年度に大幅に改正されました。改正から3回目となる21年度も試験の方法や形式、合否基準に加え、問われる内容や求められる能力などに大きな変更はありません。例えば必須科目で問われる内容は、21年度も「建設部門全般に関わる基礎的なエンジニアリングの問題」です。選択科目における専門知識の場合は、その科目における「重要なキーワードや新技術」などに対して問われます。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中