全652文字
PR

 必須科目では建設部門全般に共通したテーマについて出題されます。12年度まで実施されていた必須科目と同じです。当時の出題分野やテーマを振り返ると、人口減少下での社会資本整備や維持管理、防災・減災、地球環境問題や技術者の大量退職、品質確保など、昨今の社会資本整備にもみられる重要な分野が取り上げられています。建設部門全般に共通するテーマとなると大きな変化はなく、それほど広範囲に及ぶわけではなさそうです。さらに、12年度までは多くが時流を反映した内容でした。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中