全584文字
PR

 改正後の2019年度や20年度の試験では、以前にも増して時事的なテーマがよく取り上げられています。この傾向は21年度も変わらないと思われます。必須科目や選択科目の出題テーマを予測するとともに、論文に盛り込むべきキーワードを把握するうえで、最近の社会情勢や政策などの動向を押さえておくことは欠かせません。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)