全1141文字
PR

 本州付近に停滞した梅雨前線の影響によって2020年7月、西日本から東日本にかけての広い範囲に長期間の大雨をもたらした記録的な豪雨。7月3日から14日までの総降水量は九州を中心に7月の月間降水量の3倍を超えたほか、年間の降水量の半分以上に及ぶ地点も見られた。7月上旬の総降水量は18年の西日本豪雨(平成30年7月豪雨)を、1時間降水量が50mm以上の発生回数は19年の東日本台風をそれぞれ上回り、いずれも1982年以降で最多となった。特に7月3日~4日は熊本県を中心に記録的な大雨になり、熊本県南部では1級河川の球磨川が氾濫。落橋や土砂災害が相次いだ。球磨川では流域の平均で12時間に300mmを超す大雨を観測。浸水深さが10m近くに達した場所もあった。20年8月24日時点で死者は82人に及ぶ。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中