全1087文字
PR

 大気や海洋の平均温度が長期的にみて上昇する現象。「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第4次評価報告書によれば、世界全体の平均気温は1906年から2005年までの100年間に0.74℃上昇した。温室効果ガスの排出量が最も多い場合、IPCCの第5次評価報告書では21世紀末までに1986~2005年より平均気温は最大で4.8℃高まり、平均海面水位も0.45~0.82m上昇する可能性が高いとしている。さらに「気候システムの温暖化には疑う余地がない」と指摘。「人為起源の温室効果ガスの排出が、温暖化の支配的な原因であった可能性が極めて高い」としたうえで、「適応と緩和は気候変動のリスクを低減して管理するための相互補完的な戦略である」と述べている。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中