全905文字
PR

 2001年4月に施行した「大深度地下の公共的使用に関する特別措置法」に基づいて、地下室の建設のための利用が通常、行われない深さ、または建築物の基礎の設置のための利用が通常、行われない深さのうち、深い方の地下と定義されている。同特別措置法の施行によって事前に補償することなく、大深度地下に使用権を設定できる。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)