全919文字
PR

 平時から災害が発生した際のことを想定し、どのような被害が生じても対応できるよう、復興に役立つソフト面の対策を事前に準備しておくこと。例えば、(1)被災後の復興の手順や進め方を記した計画やマニュアルを作成しておく、(2)復興まちづくりの知識を持つ人材を育成しておく、(3)復興計画の検討体制を構築しておく、(4)被災後のまちのあるべき姿をグランドデザインとして位置付けておくことなどが挙げられる。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)