全919文字
PR

 平時から災害が発生した際のことを想定し、どのような被害が生じても対応できるよう、復興に役立つソフト面の対策を事前に準備しておくこと。例えば、(1)被災後の復興の手順や進め方を記した計画やマニュアルを作成しておく、(2)復興まちづくりの知識を持つ人材を育成しておく、(3)復興計画の検討体制を構築しておく、(4)被災後のまちのあるべき姿をグランドデザインとして位置付けておくことなどが挙げられる。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中