全1209文字
PR

 人々の生活に潤いを与える目的で、街路の緑化や公園の整備は以前から行われてきた。例えば1994年の都市緑地保全法(現在の都市緑地法)の改正に伴って、緑の基本計画が全国の市町村に義務付けられた。最近では、地球温暖化への対策やヒートアイランド現象の緩和といった目的が加わり、都市緑化の取り組みが加速している。植物の蒸散作用によって緑自体が打ち水と同じ機能を発揮するほか、地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素を吸収し、木の幹などとして炭素の形で固定する効果もある。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)