全1023文字
PR

 国土交通省の調査によれば、主要な渋滞箇所のうち、観光に関連する交通によって発生する箇所が約2割を占めている。これまでも幅の広い路肩に専用のレーンを設けて交通を分離したり、駐車場に事前予約システムを採用するなど観光地の渋滞対策に取り組んできたが、ICTやAIなども活用して観光地の周辺で発生する渋滞を解消する。例えば「観光交通イノベーション地域」。神奈川県鎌倉市と京都市を選定した。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中