全885文字

 元請け会社と下請け会社との対等な関係や公正な取引の実現などを目的として、国土交通省が2007年6月にまとめた。元請け会社のどのような行為が建設業法に違反するのかを、事例を挙げて解説している。下請け代金をめぐる下請け会社の窮状を改善するため、それまで国としては手を付けてこなかった指し値発注や赤伝処理といった問題に踏み込んだ。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料