全441文字
PR

 繁忙期と閑散期との工事量の差を調整し、年間を通して発注する工事量を安定させること。改正建設業法などでは、働き方改革を進めるうえで適正な工期による請負契約の締結も促しており、中央建設業審議会が工期に関する基準を作成して勧告できることを規定した。2020年7月に作成・勧告した基準では、工期全般や工程別、分野別に考慮すべき事項をそれぞれ明示したほか、働き方改革や生産性の向上に向けた取り組みや事例も整理した。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中