全441文字
PR

 繁忙期と閑散期との工事量の差を調整し、年間を通して発注する工事量を安定させること。改正建設業法などでは、働き方改革を進めるうえで適正な工期による請負契約の締結も促しており、中央建設業審議会が工期に関する基準を作成して勧告できることを規定した。2020年7月に作成・勧告した基準では、工期全般や工程別、分野別に考慮すべき事項をそれぞれ明示したほか、働き方改革や生産性の向上に向けた取り組みや事例も整理した。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)