全722文字

 生産性の向上や働き方改革、維持管理や自然災害への対応など、多くの分野で新技術の活用が求められている。国土交通省では担い手の確保にも役立つと考えており、2020年4月から直轄の土木工事で新技術の活用を原則として義務付け始めた。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です