全1861文字
PR

 アップルが自社開発したプロセッサー「Apple M1」搭載Macは、これまでの米インテル製CPU搭載Macとどこが違うのだろうか。その特徴を見ていこう。

 2020年11月に発表された新生Mac、「MacBook Air」「13インチMacBook Pro」「Mac mini」の特徴は、これまで採用していた米インテル製CPUから自社製チップのプロセッサーに変更された点だ(図1)。自社製チップは「Appleシリコン」と呼ばれており、これまでもiPhoneをはじめとするアップル製品に採用されてきた。AppleシリコンはiPhoneでは「A14 Bionic」などの「A」シリーズ、Apple Watchでは「S6」などの「S」シリーズといったように、その製品に最適化されている。ワイヤレスイヤホンの「AirPods」シリーズに搭載されている「H1」チップもAppleシリコンだ。今回のMacには「M1」と呼ばれるチップが搭載されていることから、今後Mac用は「M」シリーズとしてラインアップされるものと考えられる(図2)。

まずはエントリーモデルから登場
まずはエントリーモデルから登場
図1 「Apple M1」チップ搭載機が用意されているのは、Macの中で比較的エントリーモデルに位置付けられる3つのラインアップだ
[画像のクリックで拡大表示]
図2 3つのラインアップに搭載されているM1チップは基本的に同一。ただし「MacBook Air」の下位モデルのみ、GPUコア数が少ないチップを採用する
図2 3つのラインアップに搭載されているM1チップは基本的に同一。ただし「MacBook Air」の下位モデルのみ、GPUコア数が少ないチップを採用する
[画像のクリックで拡大表示]

インテルチップ搭載モデルも併売

 今回登場したMacは比較的安価な価格帯で販売されるエントリーモデルに当たり、ハイエンドモデルは今後のリリースを待つ必要がある。ラインアップごとに見ると、MacBook Airは完全にAppleシリコン搭載モデルに置き換わったが、現時点では13インチMacBook ProとMac miniではインテルチップ搭載モデルを併売する形態を取っている。

 インテルMacでは、ラインアップごとに搭載するプロセッサーの種類やクロック数を変えて価格と性能に差をつけていた。これに対し、AppleシリコンMacの第1弾として登場した3つのラインアップは全て同一のM1チップを搭載する。パソコン用としては初の5nm(ナノメートル)プロセスで製造されており、各モデルが搭載するチップ自体の性能に差異はないとみられる。下位モデルのMacBook Airのみ、GPUコアがほかより1つ少ない7コアのチップを採用しているが、これは製造されたチップの中から8コアスペックに満たない選別品を搭載することで、搭載モデルを安価に販売するためと考えられる(図3)。

M1 Macの各ラインアップの違いは?
M1 Macの各ラインアップの違いは?
図3 MacBook Airの下位モデルのみM1チップ内のGPUコアが7つである点を除けば、それ以外は上位モデルを含めて同一だ
[画像のクリックで拡大表示]