全2564文字
PR

 iPhone/iPadとMacの組み合わせは「親和性が高い」という言葉だけでは片付けられない。互いに機能を拡張し合うベストパートナーとも言える存在だ。

 用途やシーンに合わせてパソコンとスマートフォン、タブレットを使い分けているユーザーは多いだろう。アップル製のMacとiPhone、iPadも同様だが、これらを組み合わせてほかにはない機能を実現する点がアップル製端末の妙だ。

Macの画面をiPadに表示

 最初に紹介するのは「Sidecar」と呼ばれる、iPadをMacの外付けディスプレイにする機能(図1)。両者に追加アプリなどは必要なく、同一の「Apple ID」を使って「iCloud」にサインインしておくだけで、Macの「コントロールセンター」から接続できる(図2)。iPad付属のケーブルを使って接続できるほか、Wi-Fi接続にも対応している。ちなみに、iPhoneはSidecarに対応していないため、この機能では外付けディスプレイとして利用できない。お薦めは「MacBook」シリーズとiPadの組み合わせだ。MacBookのディスプレイが狭いと感じている場合は、Sidecarでデュアルディスプレイにすることでかなり快適になるはずだ。

iPadをMacのサブディスプレイにすれば作業効率が大幅アップ!
iPadをMacのサブディスプレイにすれば作業効率が大幅アップ!
図1 「iPad」はmacOS標準の「Sidecar」機能で簡単にサブディスプレイになる。接続はiPadに付属のケーブルまたはWi-Fiのどちらにも対応。サブディスプレイにしたiPad上ではApple Pencilをマウス代わりにして操作できる
[画像のクリックで拡大表示]
コントロールセンターから接続するだけ
コントロールセンターから接続するだけ
図2 Macと同じApple IDで使用しているiPadを認識すると、コントロールセンターの「ディスプレイ」に表示される。クリックで接続する
[画像のクリックで拡大表示]

 Macに認識されたiPadは、アップルメニュー→「システム環境設定」→「ディスプレイ」とタップし、「配置」タブを表示すると通常の外付けディスプレイと同じように配置を変更できる(図3)。自分が使いやすいように調整しよう。

MacとiPadの画面を使いやすく配置
MacとiPadの画面を使いやすく配置
図3 Sidecarで接続したiPadは、「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「配置」で通常の外部ディスプレイと同じように配置を調整しよう
[画像のクリックで拡大表示]