全1362文字
PR

 Macの「エクスプローラー」とも言える「Finder」は、見た目こそシンプルだが、ユーザーの使い方に合わせて細かくチューニングできる。使いやすく設定しよう。

「スタック」機能がかなり優秀

 Macのデスクトップがファイルで散らかる傾向にある場合は「スタック」機能をオンにしてみよう(図8)。デスクトップ上のファイルが種類ごとに「スタック」と呼ばれる重なった状態で整列する。スタックは種類のほかに追加日や変更日などに変更可能だ。スタックの中身にアクセスする際は、スタックをクリックして展開しよう。フォルダーはダブルクリックで開くが、スタックはシングルクリックなので初めは少し戸惑うかもしれない。

「スタック」で散らかったデスクトップをスッキリさせる
「スタック」で散らかったデスクトップをスッキリさせる
図8 デスクトップにファイルが散らかって困る場合は、「スタック」を使うと種類ごとにまとめられる。まとめ方は「スタックのグループ分け」で設定できる。フォルダーはスタックされないので、まとまると困るファイルはフォルダーで整理するとよい
[画像のクリックで拡大表示]

 フォルダーはスタックされない点を利用して、デスクトップ上のファイル管理はフォルダーとスタックの併用をお勧めする。スタックはmacOSの中でも比較的新しい機能なので、知らない古参のMacユーザーも意外に多い。使ってみると驚くかもしれない。

 MacもWindowsと同様、ファイルの種類を識別する手段の一つとして拡張子を用いる。OSのデフォルト設定では一部の拡張子が隠されている点は事情も似ている。現在でもユーザーが拡張子を意識しなければならない状況は多いので、やはり全ての拡張子を表示する設定がお勧めだ(図9)。

全てのファイルの拡張子を表示するには
全てのファイルの拡張子を表示するには
図9 「詳細」タブの「すべてのファイル名拡張子を表示」をオンにすると、デフォルトでは非表示の拡張子も表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 Finderの「表示オプション」では、アイコンサイズやファイルの表示順などをかなり細かく設定できる(図10)。表示オプションを表示してFinderウインドウをクリックすると、そのウインドウの表示形式(アイコン/リスト/カラム/ギャラリー)によって設定可能な項目が変化する。「グループ分け」はフォルダー内のファイルが設定したルールでソートし、グループごとに表示順序の設定で並べる機能だ(図11)。

アイコンのサイズや間隔などの表示をカスタマイズする
アイコンのサイズや間隔などの表示をカスタマイズする
図10 Finderウインドウの表示は「表示オプション」でカスタマイズできる。ウインドウごとに設定が記憶されるが、「デフォルトで使用」をクリックすると全てに適用されるので注意。ウインドウの表示形式によって表示オプションの項目は変わる
[画像のクリックで拡大表示]
グループ分けでリスト表示を分かりやすく
グループ分けでリスト表示を分かりやすく
図11 表示形式の「グループ分け」を使うとファイルを種類や日付でグループ化され、「表示順序」はグループごとに適用される
[画像のクリックで拡大表示]