全1155文字
PR
 アップルは2021年6月に開催したイベントでM1のアップデートを発表しましたが、本記事は2020年11月に発表したM1搭載Macをベースに説明を進めています。M1やMacの基礎を押さえるためにご活用ください。

 M1チップが搭載されたMacであっても、バックアップやリカバリー(Macでは「復元」と呼ぶ)には標準機能の「Time Machine」の利用が最も確実(図1)。バックアップ先はMacにケーブルもしくはWi-Fiで接続した外付けドライブ、対応するNASなどを利用できる。バックアップ先のドライブ選択後、自動でMacの起動ドライブを丸ごとバックアップしてくれる。メニューバーから手動で実行する際の手順も従来とほぼ同じだ(図2)。ただし、Macの初期化や復元はアーキテクチャーの違いやセキュリティ強化の影響でこれまでとは手順が若干異なり、注意しなければならない点がある。今回は、今後メインとなるM1搭載のバックアップと復元、初期化機能を詳しく紹介しよう。

macOSの標準機能で起動ドライブを確実に丸ごとバックアップ
macOSの標準機能で起動ドライブを確実に丸ごとバックアップ
図1 システム環境設定の「Time Machine」でバックアップディスクを選択すると、自動で起動ドライブをバックアップする
[画像のクリックで拡大表示]
図2 手動で操作する場合はメニューバーに表示したTime Machineアイコンをクリック。バックアップの作成とスキップができる
図2 手動で操作する場合はメニューバーに表示したTime Machineアイコンをクリック。バックアップの作成とスキップができる
[画像のクリックで拡大表示]