全966文字
PR

 「大画面液晶の追加」だけがディスプレイの活用法ではない。トリプルディスプレイ、縦置き、モバイルディスプレイ活用、液晶タブレットなど、新発想で使い勝手を劇的に改善。古いパソコンでの増設法も紹介する。

デュアルディスプレイの基本

 在宅勤務やオフィスのフリーアドレス化が一般化し、ノートパソコン1台を持ち運んで仕事をするシーンが増えている。このノートパソコンでの作業効率を上げる一番の方法は外部ディスプレイを増設することだ。視認性が格段に向上する上に作業領域を拡張することもできる(図1)。まずはおさらいの意味を含めて、デュアルディスプレイの設定などの基本から確認していこう。

マルチディスプレイで作業効率が格段に向上
マルチディスプレイで作業効率が格段に向上
図1 ノートパソコンの作業効率を上げるには外部ディスプレイの増設が一番だ。画面が大きくなれば視認性が向上し、作業は格段に楽になる。追加したディスプレイに画面を拡張表示させ、作業領域を広くすることも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 外部ディスプレイを追加する際にまず確認しなければならないのは、手持ちのノートパソコンが備えているディスプレイ出力端子だ(図2)。現行のノートパソコンに搭載されている主な映像出力端子については本稿の最後にまとめている。現在の主流はHDMIで、HDMIがなくても、USB Type-C端子が映像出力に対応している場合もある。対応の有無はマニュアルや仕様表で確認しよう。

パソコンのディスプレイ出力をチェック
パソコンのディスプレイ出力をチェック
図2 ディスプレイを追加する場合は、まずパソコンに映像出力端子があるか確認しよう。最近のパソコンではHDMI端子が主流。USB Type-Cが映像出力に対応している場合もある。ビジネス向けではアナログRGB(D-Sub15ピン)を装備するものもある
[画像のクリックで拡大表示]

 ノートパソコンのディスプレイ出力を確認したら、適合するディスプレイ入力端子を備えたディスプレイを用意する(図3)。所有している古いディスプレイなど、適合する入力端子を持たないものを使用したい場合は、変換アダプターを使う手もある。これについては特集後半で解説しているので、そちらを参照してほしい。

パソコンの映像出力に対応したディスプレイを用意する
パソコンの映像出力に対応したディスプレイを用意する
図3 ディスプレイはパソコンの映像出力端子に合った入力端子があるものを用意する必要がある。最近の液晶ディスプレイであればHDMI端子は装備されている
[画像のクリックで拡大表示]