全3266文字

 2020年、コロナ禍で一気に知名度が上がった「Zoom」。グループウエアやコラボツールの1つとして提供されるのではなく、ビデオ会議システムの専門サービスで操作しやすいのが特徴だ。

 企業向けシステムというわけではなく、個人の利用者も多い。Zoomを利用して飲み会を開催する「Zoom飲み」のような言葉も生まれた。個人がプライベートで気軽に使っているサービスを、会議のインフラとして導入している企業も多いのが面白い。

 Zoomの特徴やプランの選び方、使い方の基本から応用までをまとめて紹介する。

ビデオ会議システムZoomのWebサイト
ビデオ会議システムZoomのWebサイト
出所:米Zoom Video Communications
[画像のクリックで拡大表示]

無料でも手軽に高品質のビデオ会議を開催できる

 Zoomの特徴はなんといっても簡単にビデオ会議が開けること。無料プランでも開催でき、音質も画質も良好なうえに安定しているというのも頼もしいところだ。

 ビデオ会議では画面を共有して資料を見せたり、ホワイトボードを共有して図を描きながらブレストしたりできる。音声通話やチャットも用意されている。

 無料プランでは、1対1であれば最大24時間、3人以上参加するなら最大40分間のビデオ会議を開催できる。ちょっとした打ち合わせであれば、多くの場合40分もあれば事足りるだろう。どうしても無料プランのままより長い時間開催したいときは、ビデオ会議を連続して開けばよい。Zoom飲みのようなプライベートの集まりなら、何度も入り直しながら何時間も楽しんでいる。

 コロナ禍では、Zoomが「ギフト」と称して40分を超えてもビデオ会議を継続できるようにしている。ただギフトがいつまで提供されるかは不明だ。必ず提供されるわけではないということは覚えておこう。

無料プランのビデオ会議が30分を過ぎると、ギフトとして制限が解除されることがある
無料プランのビデオ会議が30分を過ぎると、ギフトとして制限が解除されることがある
[画像のクリックで拡大表示]

 ビジネス上の取引先との重要な会議などでは、話の途中で相手に「入り直してください」などとは言えない。そんなときは有料プランを契約しよう。3人以上が参加するビデオ会議を最大24時間まで開催できるようになる。

 料金はプロプランで月額2000円(税別、以下同じ)。年払いにすると2万100円と少し安くなる。Zoomは無料プランでもビデオ会議の映像を録画できるが、パソコン(PC)のストレージに保存するローカル録画にしか対応していない。有料プランならクラウド録画が可能になるので、参加者などで簡単に共有できるのが便利だ。

 上位のビジネスプランもあり、こちらは月額2700円となる。会議参加可能人数が100人から300人に増えて、管理者向けの機能が利用できる。普段10人程度の会議を開くだけであればプロプランで十分だろう。