全3438文字

 「Microsoft Teams」(以下、Teams)は米Microsoft(マイクロソフト)が提供しているMicrosoft 365のコミュニケーションツールで、ビデオ会議機能を搭載している。大手企業を中心に多くの機能が導入しており、比例してユーザーが多いのが特徴。2021年4月の決算発表によると、1日のアクティブユーザー数は1億4500万人にのぼるという。

 最近は無料で使えるアプリが公開されて気軽に利用できるようになった。従来はビジネスユースがメインというイメージだったが、個人ユーザーも増えている。

 Microsoft 365の一部ではあるものの、ビデオ会議システムとしての機能はとても充実している。決しておまけアプリなどではなく、安心して利用できる。今回は、Teamsの特徴や料金、使い方の基本から応用までをまとめて紹介しよう。

ビデオ会議システムMicrosoft TeamsのWebサイト
ビデオ会議システムMicrosoft TeamsのWebサイト
出所:米Microsoft
[画像のクリックで拡大表示]

オフィスアプリも使えて月額1630円

 Teamsは会社の情報共有ツールとして導入され、利用を強制されているユーザーも多いだろう。ビジネスチャットサービスの「Slack」やビデオ会議サービスの「Zoom」と比べると操作が分かりづらい、という意見もあったが、最近は個人ユーザーのことを考えたブラッシュアップが行われ使いやすくなった。最初は戸惑うかもしれないが、一度使ってしまえば機能は豊富なので便利に活用できるだろう。

 ビデオ会議はもちろん、音声通話や画面共有、一時的なチャット、画面共有、ホワイトボード機能などが利用できる。バーチャル背景に加えて、背景のぼかしまで対応しているのはいいのだが、デスクトップとiPhoneのアプリのみの対応となるので注意が必要だ。

 無料プランでは接続可能時間が1時間となる。1対1のビデオ会議でも1時間というのは短いが、コロナ禍の企業を支援するため、現在は有料プランと同様、どちらも24時間利用できるようになっている。接続可能人数は無料プランが100人で、有料プランが300人だ。

 無料プランのもう1つの制限が録画機能だ。有料プランになれば、1TBのクラウドストレージにクラウド録画ができるようになる。ただし、有料プランでもZoomのようにローカル録画には対応していない。

 Teamsの有料プランは、月額650円(税別、以下同じ)の「Microsoft 365 Business Basic」と月額1630円の「Microsoft 365 Business Standard」が用意されている。年払いにすれば、割引され、それぞれ月額540円相当、月額1360円相当となる。

 WordやExcel、PowerPointなどのデスクトップアプリを使えるかどうか、という違いはあるが、Teamsのビデオ会議機能はほぼ同じだ。Microsoft 365 Business StandardのTeamsでは、最大1000人が参加できるウェビナーを開催できるという違いがあるが、ビデオ会議にはあまり関係がない。基本的には、デスクトップ版のオフィスアプリを利用するかどうかで選ぶといいだろう。どちらにしても、コストパフォーマンスは高い。

 ちなみに、オフィス系アプリやOneDriveを利用できる「Microsoft 365 Apps for business」は月額1080円とアプリを使えるのに少し安くなっているが、Teamsは含まれていないので注意すること。