全648文字
PR

 米マイクロソフトが提供するサービス群で、業務の改善や生産性の向上につながるアプリなどを、ノーコードやローコードで簡単に開発できるのが特徴。開発のための専門的な人材が必要なく、コストも削減できる。

 米マイクロソフトが提供する「Power Apps」「Power Automate」「Power BI」「Power Virtual Agents」の4サービスの総称。高度な専門知識がなくても簡単に業務の生産性向上につながるアプリやシステムなどが作れるのが特徴だ。

 これまで業務アプリなどの開発は、外部に委託するかシステム部のような専門部署に頼るしかなかった。しかし、Power Platformの各サービスはグラフィカルなインタフェースを使い、少ないプログラミング作業で作れる。こうした最小限のソースコードで開発できる環境は「ノーコード」「ローコード」と呼ばれる。専門の人材が必要なく導入しやすいことから、DX推進の鍵として注目される。各部署の従業員が、現場のニーズに即して柔軟かつ迅速に対応可能だ。

 Power Appsでは、パソコンやスマートフォン向けの業務アプリを開発できる。Power Automateを使うと、データ収集や承認作業など、繰り返される業務の自動化が可能となる。Power BIでは、販売状況や目標に対する進捗などを自動で分析し、ダッシュボードとして可視化できる。Power Virtual Agentsでは、AIの専門知識がなくても顧客対応などのチャットボットを作成可能だ。

Power Platformのサービスの一つである「Power BI」で業務データを分析し、可視化した様子。少ないプログラミングで業務効率を向上できる(出所:米マイクロソフト公式Webページ)
Power Platformのサービスの一つである「Power BI」で業務データを分析し、可視化した様子。少ないプログラミングで業務効率を向上できる(出所:米マイクロソフト公式Webページ)
[画像のクリックで拡大表示]